インプラント│船橋・西船橋の歯周病 歯科

佐藤歯科医院

SATO DENTAL CLINIC

文字の大きさ

お電話でのお問い合わせはこちら

047-431-6229

お問い合わせ047-431-6229

MENU

インプラント

Implant

インプラントとは

インプラントとは

歯周病や虫歯などで歯を失ってしまった時、従来では入れ歯やブリッジなどをもちいて抜けた箇所を補ってきました。しかし「噛みにくい」「外れやすい」、「歯茎がやせる」などの、さまざまな問題が生じることが問題視されていました。

しかし、インプラント治療によってこれらの問題点は改善されました。 インプラントとは、歯の抜けた箇所に人工歯根部として人体との親和性に優れた金属(チタン)を埋め込み、その上にセラミックなどで作られた歯冠を取りつける治療法です。 インプラントは天然の歯と変わらないような見た目で、審美性にも大変優れています。食べ物を噛んだ感触もしっかりと顎に伝わり、歯茎が痩せてしまうこともなく自分の歯が蘇ったかのような感覚で食事をすることができます。

また、 使われている金属(チタン)は、金属アレルギーがでにくいという性質があり安心して治療を受けることができます。埋入後も定期的にメンテナンスを受けることで、半永久的に使用できるため「第二の永久歯」とも呼ばれます。

インプラントの
メリット・デメリット

機能・審美性に大変優れたインプラントにも、メリットとデメリットがあります。ブリッジ、入れ歯といった、その他の治療と比較しながらそれぞれの治療の特徴を紹介します。

インプラントのメリット・デメリット

インプラント
メリット
  • 審美性・機能性に優れている
  • 隣接した歯を削らないですむ
  • しっかり噛めるので、顎に力が入り顎の骨がやせにくい
  • メンテナンスを定期的に行なうことで半永久的に使用可能
デメリット
  • 費用が相対的に高額である
  • 専門的な外科手術が必要となる
  • 治療期間が比較的に長い傾向にある

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジ
メリット
  • 相対的に安価で治療が可能である
  • 治療期間が短くて済む
  • 天然の歯と同じような見た目を保てる
デメリット
  • 対象の歯の両側に健康な歯が必要となる
  • 支えとなる歯に負担がかかり、支えている歯の寿命が短くなりやすい
  • なくした歯の本数が多い場合は、治療が難しい

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯
メリット
  • (保険の入れ歯であれば)比較的安価で治療が可能である
  • 治療期間が短くて済む(基本的には歯の型取りと調整のみ)
  • 健康な歯で支えるなどの必要がなく、他の歯を傷つけずにすむ
デメリット
  • 食事中などに、違和感を感じる場合がある
  • 取り外して洗浄するなど、手間がかかる
  • 会話中に発音がうまくできない場合がある

治療の流れ

インプラント治療には、手術を1回だけ行なう一回法と、手術を2回行なう二回法という2つの方法があります。ここではより安全性の高い二回法の治療の流れについてご説明します。

Step1

相談・カウンセリング

患者さまのお悩みやご希望をお聞きし、インプラント治療の方法、治療期間や治療費などの概要をご説明します。正確な治療費は、患者さまの顎の骨の状態や手術の難易度などによって異なるので、検査が終わってからお伝えします。インプラント治療は、期間や費用がかさむ負担のかかる治療です。治療を始めてから「こんなはずではなかった」とならないよう、どのような些細なことでもお気軽にお尋ねください。

Step2

検査・診断・治療計画

問診、レントゲン写真撮影、口腔内写真撮影、口腔内模型作製のための型取りなどを行ない、これらの結果をもとに診断と治療計画の提案をします。正確な治療費はこの時点でご提示します。

Step3

精密検査

インプラント治療の手術は外科手術なので、全身の健康状態を把握するため、CT撮影や血液検査などの精密検査を行ないます。

Step4

手術前の準備

手術の予約や手術の際の注意点などをお伝えします。また、お口の中の歯垢や歯石を取り除き、口の中の細菌が少ない環境を整えて手術に備えます。

Step5

インプラント埋入手術

麻酔を行なった後、顎の骨に穴を開け、インプラントを埋め込みます。手術は平均すると1時間程度で終わるので、入院の必要はありません。また、手術後は部分入れ歯などを使えるので、食事や会話に支障はありません。1週間~10日後に抜糸を行ない、傷が治って骨とインプラントがしっかり結合するまで、2~6ヵ月間待ちます。

Step7

人工歯の作製・装着

歯肉の治りを見て最終的につける人工歯をつくるための型をとります。まずは仮歯をつけて噛み合わせやフィット感などを確認して調整し、違和感などがなければ最終的な人工歯をつけます。

Step8

メンテナンス

インプラント治療が終わっても、長期間安心してインプラントを使えるよう、お口の健康状態をチェックしてもらい、メンテナンスを受け続ける必要があります。お口の健康状態によってメンテナンスの頻度は異なりますが、歯科医師の指示を守って必ず受けましょう。

メンテナンス

メンテナンス

歯の咬み合わせは一定ではありません。治療が終わったからといって放置するとインプラントへの負担が大きくなり、人工歯が折れてしまったり歯周病が進行するなどの事態を招くことがあります。定期的に咬み合わせのチェックやレントゲンの検査を受けることで事前にケアすることが大切です。

また、歯周病などを予防するためには正しいブラッシングが不可欠です。インプラントは天然の歯と異なり接合部があり、そこは汚れが溜まりやすい箇所です。デンタルフロスや歯間ブラシなどで汚れを落とすなどのメンテナンスが必要です。

[an error occurred while processing this directive]